屋根塗装

現代の建築で使用されているほとんどの屋根材には、生産の段階で表面に塗装加工が施されています。
カラーベストやサイディングなどのよく見かけるものはもちろん、金属屋根なども同様です。

しかし日々様々な影響を受けている屋根や外壁は、知らぬ間に劣化が進行し、雨漏りの発生に気付くのが遅くなってしまったということも少なくありません。

適切なタイミングで塗り替えを行うことが、建物を長く安全に保つポイント。
屋根・外壁ともに10年~15年に一度の塗り替えをご検討ください。

■ 様々な種類がある機能性塗料

近年の塗料は、「建物を水から守る」「色を付ける」といった役割だけではなく、他にも様々な機能が備わっています。
こちらでは機能の一部をご紹介しておりますので、気になるものがあればぜひお問い合わせください。

▶ 断熱塗料
熱の伝導を抑え、太陽光による室内温度の上昇を防ぐのが断熱塗料。
例えば吹き抜けの一軒家の場合、室内温度が太陽光に左右されやすいですが、屋根を断熱塗料で塗装すると、快適な室温を保ってくれます。
空調などの電気代削減に繋がるのも大きなメリットです。

▶ 遮熱塗料
太陽の赤外線を反射することで、室内の温度上昇を防いでくれるのが遮熱塗料。
断熱塗料と似ているものの、こちらは熱伝導率ではなく、熱自体を跳ね返す構造になっています。
屋根に塗装した場合は最大で20℃も表面温度を低く保つことが可能。
断熱塗料・遮熱塗料はお好みで使い分けることもできます。

▶ 光触媒塗料
TOTOから出ている光触媒塗料は、太陽光によって汚れを分解し、雨が降った際に洗い流す機能を持った塗料です。
外壁へ施工した場合の耐久性は15~20年程と言われており、フッ素系塗料と同程度の寿命です。
さらに光触媒塗料のメリットは耐久性だけではなく、塗装の美しい仕上がりがずっと続くというところ。
外壁の保護はもちろん、「ずっと美しい壁であってほしい」と思ってらっしゃるのであれば、光触媒塗料がおススメです。

▶ 防カビ・防藻塗料
様々な機能を持った塗料が各メーカーから発売されていますが、防カビ材が添加されているタイプは特に多く見られます。
それはカビや藻が湿気を多く含んでおり、外装材を傷める原因になりやすいため。
特に日当たりの悪い立地である場合は、この塗料がおススメです。

【電話】080-2611-9888 (事務所:059-273-5688)
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】津市を中心とした近隣エリア

一覧ページに戻る