塗装における3つの工法について解説!

住宅の塗装工事には大きく下記の3つの工法を使い分けています。

・吹付け工法
・ローラー工法
・刷毛工法

今回は、この3つの塗装工法の違いについて紹介します。

・吹付け工法


吹付け工法とは、塗料を専用のスプレーで吹付ける工法。
シャッターなどの、細かくて刷毛では塗るのが難しい箇所にこの吹付け工法が使用されます。
吹付け工法のメリットは、仕上がりのキレイさにあります。
複雑な模様や立体感、重厚感のある雰囲気など、さまざまな外壁に対応可能。
しかし、スプレーで塗料をふきつけるため、塗料の飛散などがあるのが、デメリット。
この吹付け工法を使用する際は、近隣住宅などには十分に配慮して行ないます。

・ローラー工法


ローラー工法は、その名の通りローラーを用いて塗装する工法。
外壁塗装では、このローラー工法をメインに塗装を行なっていきます。
職人が手塗りをするため、仕上がりは塗装職人の腕の見せどころです!
また、凹凸のある外壁にも対応することができ、吹付け工法とは異なり塗料が飛散する心配もありません。
しかし、吹付け工法に比べて作業時間がかかってしまうのがデメリットと言えるでしょう。

・刷毛工法


筆のような刷毛で、塗っていく工法がこの刷毛工法。
刷毛工法は、ローラーでは塗ることができない、さらに細かい箇所に使用される工法です。
また、ローラー工法で塗った後の、仕上げや微調整にも使われたりします。
この刷毛方法は、刷毛の劣化や壊れが大きく仕上がりに影響してしまいます。
刷毛は塗装職人の命!
お客様に仕上がりに喜んでいただけるためにも、日頃から道具の管理は欠かせません。

今回は、外壁塗装の3つの工法についてご紹介いたしました。
吹付け、ローラー、刷毛、それぞれこのような特徴があります。
塗装工事はこれらの工法を使い分けて、最高の仕上がりを実現させます!

【電話】080-2611-9888 (事務所:059-273-5688)
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】津市を中心とした近隣エリア


一覧ページに戻る